アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
June 2017
M T W T F S S
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

給湯器の修理と交換

電気給湯器

毎日の家庭で使用するお湯を供給するガス給湯器ですが、一般的な耐用年数は10年が目安で、それを過ぎると故障などが起きた時に部品の修理や交換をするより、本体自体を交換した方が安上がりで済みます。
故障がなくても耐用年数が過ぎると、熱効率が悪くなったり、スイッチを入れてからお湯に温まる時間が伸びたり、お湯の温度が一定しない、といった症状が出てきます。
また、不完全燃焼を起こして一酸化中毒といった最悪のケースも考えられるので、明らかな故障がなくても耐用年数が近づいた給湯器は、修理や交換を考えに入れておきたいものです。
給湯器も新しく、まだ耐用年数に近づいていない場合でも、突然のトラブルは起こりえるものです。
ある日、突然お湯が出なくなったり、お湯が出にくくなった場合などは、給湯器の故障の可能性があります。
その場合は修理や交換を業者に依頼する前に、自分でチェックして故障かどうかを確認してみましょう。
例えば、台風などの天候異変で停電になりブレーカーが落ちてしまった時などは、ブレーカーを入れ直せば直りますが、機器内部に水が浸入してしまった場合などは、内部で着火ミスが起きたりします。その時は給湯器本体のスイッチを切り、内部が乾くまで待ってみましょう。

また、お湯を出しっ放しにして使用した場合など、止めた途端お湯が出なくなったというケースは、使い過ぎによりメーターがガスの供給を停止したのが原因です。
その場合はガスメーターのランプが赤く点灯しているので、給湯器の説明書に復帰方法が載っているのでそれを参考にしましょう。
購入して間もない保証期間内なら、無償で点検修理や交換をしてくれるので問い合わせましょう。